発展途上故に将来が楽しみな決済手段

ペイトラの登場はオンラインカジノユーザーにとって注目を集めたのではないでしょうか。
送金サービスの一つではありますが、オンラインカジノに対応しているとのことで、オンラインカジノユーザーから「どのオンラインカジノに対応しているのか」で注目を集めていました。
しかしながら、蓋を開けてみるとむしろジパンググループのオンラインカジノに対応しているのみだったことから「期待外れ」との声もあるのですが、果たして本当に「期待外れ」な送金サービスなのでしょうか。

2019年2月の登場

ペイトラは2019年の2月に登場しました。
まだまだ新しい送金サービスなので、ジパンググループのオンラインカジノにのみ対応しているのも致し方ない部分があります。
登場から何年、何十年と経っているにも拘わらず、ジパンググループのオンラインカジノのみに対応しているとなれば、その後もきっとジパンググループのオンラインカジノにしか対応しないことでしょう。

しかし、まだまだ登場から間もない送金サービスなので、今後に関しては未知数です。
そのため、「ジパンググループのオンラインカジノにしか対応していないのでダメ」との判断を下すのは早すぎです。
しばらくすれば様々なオンラインカジノに対応する可能性もありますし、もしかしたら水面下では様々な調整が行われている可能性もあります。

ジパンググループのオンラインカジノにしか対応していない点は、ペイトラとしても分かっていますし、それによってユーザーからどのような声が寄せられているのかもよく分かっているはずですので、このまま長らくジパンググループのオンラインカジノにしか対応していない状態が続くとは考えにくいでしょう。

ペイトラはポテンシャルは高い!

対応しているオンラインカジノが少ないという事実はあるにせよ、その点は今後改善される可能性があります。
むしろ、ペイトラにはそれ以外の面では魅力が多々あります。

例えばインターフェース。
ペイトラは後発とあってインターフェースに力を入れています。
インターフェースに力を入れることで、ユーザーは「使いやすさ」を手に入れることになります。

送金サービスはオンラインカジノを利用する際、常に使うものです。
そのため、使いやすいものであればあるほど便利である点は言うまでもありません。
決して「必要なサービスをとりあえず入れました」ではなく、必要なサービスを「ユーザーが使いやすいように」という点にまで心掛けている点はペイトラの強みです。
後発の送金サービスとして、先に登場している送金サービスの欠点や不評な部分をしっかりと研究し、どうすれば使いやすいのかを考えていることがよく分かります。

コストパフォーマンスの高さ

ペイトラの魅力の一つに口座開設料と維持費が無料である点が挙げられます。
送金サービスの中には口座開設の際に費用がかかるものもあれば、維持費がかかるものもあります。
その場合、何をするでもなく、お金がかかることになりますがペイトラではそれらの費用は掛かりませんので、極端な話、開設したものの放置したとしてもお金はかかりませんので、「試しに」開設することも可能です。

送金サービスは多々ありますが、実際にどのような使い勝手なのかは使ってみなければ分からない部分もあるのではないでしょうか。
しかし、口座開設費や維持費がかかる場合「試しに」が難しいのも事実です。
いろいろと試してみたいとは思っても、お金がかかるとなれば試したいとは思っても試せないことでしょう。
その点ペイトラであれば、「とりあえず」試すことができるのではないでしょうか。
実際に使ってみることで、自分に合っているのかどうかを判断することができます。

ペイトラがオンラインカジノを変える?

ペイトラの登場で期待されているのは業界の活性化です。
オンラインカジノユーザーが使う送金サービスは、事実上アイウォレット、ヴィーナスポイント、エコペイズの3つです。
いわばこの3つの送金サービスで安定している状況となっていますが、ペイトラが登場することで、他の送金サービスとしても刺激が生まれているのではないでしょうか。

それもそのはず、ペイトラとしては既存の送金サービスのユーザーを奪わなければなりません。
そして、他の送金サービスはユーザーを奪われたくないと思っていますので、サービスに磨きをかけなければなりませんので、業界の活性化に繋がり、ユーザーにとっては質の高いサービスの低廉化が望めますので、既存のユーザーだけではなく、新規のユーザーの獲得も見込めます。
その点ではペイトラの存在が業界の活性化に繋がる部分もあります。

まとめ

ペイトラはまだまだこれからではありますが、ポテンシャルの高さを考えると期待できる送金サービスと言えるでしょう。
対応しているオンラインカジノさえ増えれば、素晴らしいインターフェースを誇るだけに、既存の他の送金サービスに並ぶ存在となる可能性も十分にあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です