エコペイズの本人確認は厳しいとの噂を徹底検証してみた

エコペイズは、登録だけだとメールアドレスさえあればその場ですぐに無料で行うことができます。
しかし、オンラインカジノの利用を想定しているのであれば、ランクアップさせる必要があります。

なぜなら、登録時のCLASSIC会員では出金ができません。
つまりオンラインカジノで勝利を収めたとしても、勝利を手にして増やした自分のお金を手にすることができません。

エコペイズで出金が可能になるのは「CLASSIC」会員のワンランク上、「SILVER」会員からです。
CLASSIC会員からSILVER会員になるためには本人確認が必要なのですが、エコペイズの本人確認は厳しいとの噂もありますので、本当に厳しいのか徹底検証してみました。

エコペイズの本人確認

エコペイズの本人確認
エコペイズの本人確認は身分証明と住居証明の二種類です。
いわば「申請者本人なのか」「本当にそこに住んでいるのか」を証明することになります。
本人確認で使用できるのは

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード

になりますが、基本的に顔写真が付帯されているものです。

そのため、公的機関が発行しているものではあっても顔写真の無い保険証等では、残念ながらエコペイズの本人確認書類としては認められていません。

そして住居確認は水道光熱費や国民年金、税金等の直近三カ月の郵便物です。

これらはまさに「住んで生活を送っている」証拠となるものです。
こちらに関して顔写真は必須ではありませんので、住んでいることを証明できるものであれば他のものでも認められます。

例えば銀行や信販会社からの手紙でも良いでしょう。

ここで目的となるのは「住んで生活を送っていることの証明」です。
これらの本人確認、さらには自撮り写真を送付し、問題なければCLASSIC会員からSILVER会員にランクアップし、出金が可能になります。

なぜエコペイズの本人確認が厳しいと囁かれるのか

本人確認の種類だけをみれば、確かに国内金融機関と比較すると少々厳しいと思う部分もありますが、サービスによっては同程度の必要書類の提出を求めるところもありますので、特別群を抜いて厳しいとは言えません。

ではなぜエコペイズの本人確認が厳しいとの噂があるのかといえば、エコペイズはイギリスのFCAからの認可を受けていることから、認可の取り消しを受けないよう厳しい体制で運営しています。

ちなみにFCAとは金融行動監査機構の略で、日本では金融庁に相当する行政組織です。

近年、国際的なマネーロンダリング対策が求められていることから、エコペイズもマネーロンダリングと思われる取引には目を光らせています。
例えば、家族間でやり取りしたらメールが来て理由を尋ねられたといった事例もありますが、これはマネーロンダリングを疑っているからです。

もしもエコペイズから疑われたら

もしもエコペイズから疑われたら
ただし、エコペイズは「疑わしきは罰する」ではなく、疑わしいと思われる行為を見つけた場合まずは連絡します。

いきなり問答無用でアカウントを凍結するケースは、よほど悪質なものではない限りありません。
取引等を見て、「なぜそのようなことを行ったのか」と、マネーロンダリングではない証明を出すことができれば、特に何も問題視されません。

この点から、確かに監視という点では国内銀行より厳しいものがあるかもしれませんが、何もしていなければ問題ありません。
実際、要求された通りに証拠書類を提出することで、その後もエコペイズを利用できているという人ばかりです。

自撮りがある点

エコペイズの本人確認が厳しいと思われている理由の一つに、自撮りがある点も挙げられます。
日本国内のサービスでも自撮り画像の提出が増えつつありますが、自撮りは慣れていない人にとっては少々ハードルが高いです。

ただ単に自撮りをするだけではなく、枠内に顔を収めたり、あるいはメモと一緒に自撮りするとなればハードルが高まります。

そもそも有名人や著名人、あるいは若年層でもなければ自撮りをすることなどそうそうないでしょう。

そのため、ハードルが高いと思われてしまうのも分からない話ではありません。
しかしエコペイズが求めているのは、格好良い画像ではなく、あくまでも提出した本人確認証と自撮りを比べ、本当に本人であることを確認するだけです。

外見が審査に影響する訳ではありませんので、正しく自撮りをすればよいだけです。

エコペイズの本人確認は決して厳しい訳ではない

エコペイズの本人確認は決して厳しい訳ではない
エコペイズの本人確認をチェックすると、決して厳しい訳ではないことが分かりました。

健全に利用する人であれば、さほど難しいことを要求されている訳ではありません。
本人確認に関してもさほど難しいものではありませんし、イギリスの会社であるエコペイズですが、スマホやPCを通してオンラインで画像を送付するだけで良いのです。

わざわざイギリスまで書面を提出する訳ではありませんので、それらを踏まえると決して厳しい訳ではありません。
しかし、裏を返せばそれだけしっかりした本人確認を行っているからこそ、信頼・安心できるとも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA