バカラの賭け方の種類

カジノバカラ

シンプルながらも奥が深く、カジノゲームの中でも人気のバカラ。
トランプを使ったゲームで、プレイヤーとバンカーのどちらが勝つかを予想するという簡単なゲームです。ゲームが始まってしまえば、勝敗がつくまですべて自動的にディーラーが行うので、開始前に「いくらどこに賭けるのか」だけを考えます。単純に、プレイヤーが勝つかバンカーが勝つかという2種類だけではなく、その他にもいくつかの賭け方が存在しますので、今回の記事では、このバカラでBET可能な賭け方を紹介します。

チップを賭ける方法

バカラが行われるテーブルは、特殊な形をしており、いくつかのマス目に分かれています。そのマス目の中に、チップを置くことによって賭けが成立します。一般的なものは、半円の形をしたテーブルで、一番外側のマス目がプレイヤー、その内側のマス目が、ビッグ、スモール、ペアの3種類に分かれており、その内側がバンカー、中心部が引き分けになります。バカラで遊ぶ際には、ゲームが始まる前にこれらの升目のどこかにチップを置き、ゲームをスタートさせます。

プレイヤー

プレイヤー側が勝つと考えた場合は、プレイヤーと書かれた枠の中にチップを置きます。プレイヤーが勝利する場合の配当は2倍です。バンカー側より少しだけ配当が高いのは、プレイヤー側の方が3枚目を引いてバーストしてしまう可能性が高いためです。

バンカー

バンカー側が勝つと考えた場合は、バンカーと書かれた枠の中にチップを置きます。バンカーは、プレイヤーよりも0.05倍配当が低い、1.95倍になります。その理由は、プレイヤー側よりもバンカー側は3枚目のカードを引いてバーストする可能性が低いためです。

引き分け

バンカーとプレイヤーの合計数が最終的に同じ数字になると予測した場合は引き分け(タイ)の中にチップを置きます。配当は、カジノによって8倍の場合や9倍の場合があります。引き分けになる確率は10分の1であるため、確率の割には配当が低いです。しかし、その分当たれば大きいため、勝負どころでは引き分けを狙って賭けるのもありです。

ペア

最初に配られる二枚が同じ数字になると予測した場合は、ペアと書かれた枠の中にチップを置きます。プレイヤーのペアと、バンカーのペア、そしてどちらもペアになるという「PERFECT」と呼ばれるペアの3種類があり、それぞれ賭ける場所や倍率が異なります。

ビッグ

バンカー側とプレイヤー側の双方が3枚ずつのカードで終了すると予測した場合、ビッグと書かれた枠の中にチップを置きます。ビッグは発生する確率が高いため、配当は0.54倍と低めになっています。

スモール

バンカー側とプレイヤー側の双方が2枚ずつのカードで終了すると予測した場合、スモールと書かれた枠の中にチップを置きます。配当は1.5倍です。スモールが発生する確率はビッグに比べると低いので配当率はビッグより高めになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。バカラで遊ぶ際には、まずはこの賭け方を覚えましょう。最悪ここさえ覚えてしまえば、あとは勝敗がつくまでディーラーが自動的にゲームを行ってくれます。