「オンラインカジノの特徴」カテゴリーアーカイブ

意外と発生するエコペイズ手数料

エコペイズは便利な電子マネー決済で、オンラインカジノでも利用しやすい入出金手段です。

ただ、このエコペイズは便利な反面、手数料は完全な無料ではありません。

場合によっては、本来オンラインカジノから受け取る金額の90%未満になってしまうこともあります。

今回、このエコペイズの手数料というテーマで、どんな手数料があるのかを紹介していきます。

これを読めば、きっとエコペイズの手数料の概要について、知ることができるでしょう。

エコペイズ入金手数料

エコペイズ入金手数料
エコペイズは、最も手数料がかかるクラシックのグレードでも、無料のものが多いのが特徴です。

例えば登録料やcodePayz入金、所有しているサブアカウント間の送金など、自社のサービス内で入金をする場合は無料となるものがほとんどです。

しかし、zestPay入金、クレジットカードによる入金、ecoVoucherによる入金、そして銀行振り込みによる入金といった手段の場合は、最大で入金額の10%近い手数料が発生します。

シルバーグレードやゴールドグレードなど上位のグレードにグレードアップすれば、多少金額が安くなるものの、入金をすること自体にもある程度手数料を覚悟する必要があります。

補足として聞きなれない決済手段である、codePayz、zestPay、ecoVoucherとは、どんなものかを紹介していきましょう。

まず、codePayzは海外のキャッシュレス決済の一種でエコペイズの関連会社が展開しているサービスです。

身内のサービスになるため、この手段での入金は無料となっています。

zestPayとは、スウェーデンの電子マネー決済サービスでモバイル上でチャージできる外部の決済サービスです。

モバイル上でエコペイズに入金できる反面、若干の手数料が発生します。

ecoVoucherはオンラインで購入が可能なクーポン(ギフト券)です。

支払いにはクレジットカードやPayPalなどでギフト券を購入し、それをエコペイズへ入金します。

こちらも入金には、手数料がかかるので注意しましょう。

このように様々な入金手段があるものの、手数料が発生するものもあるので、あらかじめアカウントのグレードごとに、どの程度の手数料が発生するのか調べておくのがおすすめです。

エコペイズ出金にかかる手数料

エコペイズ出金にかかる手数料
エコペイズは出金にも、手数料がかかります。

Western Unionを利用すれば無料ですが、それ以外の銀行送金やzestPayの送金は有料です。

Western Unionは日本で利用が非常に少ないですが、アメリカではメジャーな国際送金手段で、エコペイズもこの送金に関しては無料で出金できる仕組みになっています。

日本では主流の出金手段ではないため、日本人ユーザーには、あまり恩恵がありません。

その点が、やや残念な点といえるのではないでしょうか。

これ以外の銀行送金や先ほど紹介したzestPayなどは、1%または最大10ユーロの手数料が発生する仕組みになっています。

このような形ですが、出金というとオンラインカジノへの入出金はどうなのでしょうか。

結論を言えば、オンラインカジノなどを指すecoPayz Merchantとの間の送金と受け取りは無料になっているため、オンラインカジノへの入金時やオンラインカジノの儲けの出金時は原則手数料が無料です。

ただし、エコペイズはユーロ建てになっているので、ドルのやり取りをするオンラインカジノからユーロでエコペイズに入出金する場合は、為替相場の影響を受けるため注意しましょう。

見落とされがちなエコペイズ手数料

見落とされがちなエコペイズ手数料
意外と見落とされている手数料として、銀行送金の第三者から徴収される手数料と12カ月間の休眠後のアカウント維持管理料が挙げられます。

第三者から徴収されるものとしては、コルレス銀行の手数料と国際送金手数料が挙げられます。

コルレス銀行とは、国際送金をする場合に中継点となる銀行を指します。

国際送金というと、エコペイズの銀行から、直接日本の自分の口座のある銀行へ送金されるというイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、実際は中継となる銀行が存在し、そこで手数料が発生しているのです。

例えばAとBの銀行間で国際送金を行う場合、ほとんどのケースでC銀行という中間の銀行が現れます。

このC銀行へ支払う一連の手数料をコルレス銀行の手数料と国際送金手数料と言います。

エコペイズ自身の手数料ではありませんが、エコペイズで表示されている金額よりも減って振り込まれている場合は、このコルレス銀行の手数料が徴収されているのです。

エコペイズでは12カ月間の入出金を行わないと、アカウント維持管理料が発生します。

この手数料は、月200円相当と、そこまで高額ではありません。

しかし1年間で数千円以上の手数料になるため、場合によっては数年後にアカウント内の残高が全部なくなってしまう可能性があります。

こういった手数料にも、注意しましょう。

ジパングカジノのボーナス受取時の出金

ジパングカジノには様々な種類のボーナスがあります。
これらのボーナスを受け取ると、出金条件である入金額と同額以上の出金金額に加えて、出金条件がさらに加えられるというのが特徴です。

しかし、こういった条件はジパングカジノだけではありません。
そのため珍しい制度ではないのですが、知らないと出金タイミングでつまづくこともあります。
そういったトラブルを未然に回避するため、今回ボーナスを受け取った場合の出金条件の変化をテーマにお話ししていきます。

ボーナスにより変化する出金条件

ボーナスにより変化する出金条件
ジパングカジノではボーナスを受け取ることで、ジパングカジノ自体の出金条件は変化します。
さらにボーナスの種類によって、その条件が異なり、大きく分けると登録ボーナス、初回や2回目の入金ボーナス、それ以外の入金ボーナスといったものです。

まず登録時に受け取る権利が発生する登録ボーナスは、受け取った場合ボーナス額の10倍の出金条件をクリアする必要があります。
例えば、30ドルの登録ボーナスを受け取ったら300ドル儲けなければいけません。

初回や2回目の入金ボーナスは、入金額とボーナス額の18倍を儲ける必要があります。
注意しなけばいけないのは、初回ボーナスに関しては、入金金額が100%支給されるので、初回から高額な入金を行うと出金条件をクリアするのが難しくなることです。
そのため、自信がなければ初回は少額の入金にとどめておきましょう。

その他の入金ボーナスは10%入金ボーナスがあります。
このボーナスは、入金額とボーナス額の15倍という条件です。
こちらの条件は20ドル程度の入金であれば、2ドルの支給になるため、出金条件は20ドルの入金に加えて30ドルの条件(合計50ドルの儲け)をクリアすることで出金できるようになります。

このようにボーナスを受け取ると、出金条件が大幅に変化してしまうので、チャンスを増やしたい方はどんどん受け取ってビックウィンを狙いましょう。

ゲームによって出金条件が異なる

ゲームによって出金条件が異なる
ジパングカジノのボーナスの出金条件は、先ほどの条件以外にもボーナスの消費判定が異なります。

この判定とは、例えばカウント割合が100%であれば、ボーナスを10ドルベットしたら10ドルベットしたと判定されるのに対し、カウント割合が50%だと、たとえ10ドルベットしたとしても5ドル分の消費と判定され、出金条件のクリアが難しくなる仕組みです。

こういった判定のカウント割合は100%、50%、25%、10%、そして0%のものがあります。

100%はスロットです。
ボーナス消化は基本的にスロットで行うのがメリットと言えます。

ジャックポットによる大当たりもあるので、その点を利用してボーナス消化を狙うという手もあるでしょう。

50%は、パイゴーポーカー、カリビアンスタッドポーカー、カジノホールデム、スピン・ア・ウィン、ホイールオブライト、ウォールストリートフィーバーです。

25%はルーレット、バカラ、シックボ、10%はブラックジャック(ブラックジャックスイッチ以外)、ポンツーンです。

ただ、ライブカジノのゲームであるルーレットやバカラといったテーブルゲームやカードゲームは、いくらプレイしても判定カウントが0%の除外ゲームになるので注意しましょう。

ちなみにルーレット、バカラ以外のライブゲームとしては、クラップス、ブラックジャックスイッチ、スピン・ア・ウィン、カリビアンスタッドポーカー、カジノホールデム、パイゴーポーカーが挙げられます。
そのため、これらのゲーム以外のゲームをプレイしてボーナス消化しましょう。

また、高額なベット金額が必要なハイローラー向けのゲームも除外になるので、高額ベットを頻繁に行うカジノのプレイスタイルの方は注意が必要です。

ボーナス消化する自信がない場合

ボーナス消化する自信がない場合
ジパングカジノの出金でボーナス消化する自信がなければ、ボーナスを受け取らない手段もあります。
任意のものが多いので、拒否できる分は拒否するという方法を取りましょう。

そして、ボーナスをやむなく受け取ってしまった場合は、賭けを行う前にサポートへ連絡して取り消してもらうという手続きを行います。

24時間日本語対応のサポートなので、気軽に受け取り拒否を行うことができます。
消化する自信がなければ、受け取るたびに連絡を入れて取り消し申請をしましょう。

やや面倒ですが、こういった手段を使えば入金金額と同額のオンラインカジノのプレイで出金可能になるので、もしなるべく早く出金したいと考えている場合は、ボーナスを受け取ってしまったら、こういった対応を行って、ボーナスなしでプレイするのがおすすめです。

ただし、ボーナスがない分スロットなどでの大当たりのチャンスが大幅に減ってしまうため(実際に使える資金が少なくなるため)、不利になってしまうという点は注意が必要です。

ブラックジャックのテーブルの見方

オンラインカジノでも人気のカジノゲーム、ブラックジャックが当然プレイできるようになっています。
しかし、ブラックジャックになれていない人にとって、最初に戸惑うのがテーブルです。

半円状のテーブルに何やら文字がかかれており、手前にはサークルが描かれています。
そのため、その雰囲気、特にライブカジノをプレイしている時に、ブラックジャックの「21に限りなく近い数字が勝つというシンプルなルール」すら忘れてしまうことも少なくありません。

そんな混乱を避ける意味で、今回ブラックジャックのテーブルについて解説していきましょう。

ブラックジャックのテーブルに書かれた文字

ブラックジャックのテーブルに書かれた文字

ブラックジャックのテーブルの中央に、オンラインカジノのカジノ名やオンラインカジノのゲームを提供しているゲームプロバイダーの記述がみられます。
そして、その下にあるのが3つの文字列です。

この文字列は簡単に言うと、ルールがシンプルに書かれているだけです。

ブラックジャック(カードの合計が21)でディーラーに勝った場合の払い戻しのルール、ディーラーに課せられたルール、インシュランス(保険)の必要金額や保険が発生した場合の払い戻し金額の3つについて書かれています。

まず、ブラックジャックで勝った場合の払い戻しのルールは、「BLACKJACK PAYS 3 TO 2」と書かれていたりします。
この意味は、ブラックジャックで勝ったら3/2倍の支払いをしますよ、ということです。

例えば、通常は10ドルベットしてブラックジャック以外の数字で勝った場合はベットした金額の10ドルが戻ってきて、更に賞金10ドル(ベットした金額と同じ金額)が支払われます。
そしてこのルールの場合は、3/2倍の賞金の支払いを行うという意味になるため、通常10ドルの賞金が15ドルになります。

このようにブラックジャックで勝ったら、多めに出しますよという意味です。

めったにありませんが、「BLACKJACK PAYS 2 TO 2」、「BLACKJACK PAYS 4 TO 2」と書かれていたら、それぞれ2/2倍(つまりブラックジャックで勝っても賞金は同じ)、4/2倍(ブラックジャックで勝ったら通常の賞金の2倍)というルールになります。

2つ目の文字列は、ディーラーに課せられたルールです。
ディーラーは、人によってブラックジャックの強さが変わらないように、いくつかのルールが課せられています。

それはスタンド(勝負をすること)の条件、3枚目のカードを引く条件です。

2列目の文字列「Dealer must stand on 17 and must draw to 16」という文字が書かれていれば、最初に配られた2枚のカードの合計が17点でスタンドをしなければいけないこと、16点以下だったら3枚目を引くことという意味になります。

これによって、こちらが18、ディーラーが17だった場合、ディーラーは負けるのを分かっていて勝負しなければいけません。
また、こちらが20、ディーラーが16だった場合、ディーラーは21を超えるリスクがあるのに、必ず3枚目を引く必要があるのです。

ブラックジャックの3列目の文字列はインシュランス、保険の条件が書かれています。
インシュランスとは、もしディーラーがブラックジャックになりそうだと思ったら、追加で料金を支払うことで、もしブラックジャックになってもベットした金額が戻ってくるというオプションです。

「INSURANCE PAYS 2 TO 1」とあれば、ベットした金額の半分(1/2)、例えば2ドルであれば1ドル出して保険をかけることで、ディーラーがブラックジャックを出してもベットした金額が全額返金されます。

このようにテーブルによって、この3行の文字列が異なっていることもあるので、プレイする前に事前にチェックしておきましょう。

ブラックジャックのテーブルにある器具

ブラックジャックのテーブルにある器具

ブラックジャックのテーブルには、二つの器具があります。
オンラインカジノでは、そこまで重要なものではありませんが、きちんと再現されているので、紹介していきましょう。

向かって右側(ディーラーの左手)のカードの束は、カードシューと言われるもので、およそ8組分のトランプがセットされています。

つまり、残りのカードを確認しようとすると、通常の8倍の手間がかかるようになっており、カードの出た枚数や絵柄で予想されるカードが何なのかを当てるのは困難になっています。

長期のゲームと、メモを取っていれば、カードの山がなくなってきて予想することもできますが、オンラインカジノでは無効なことも多いため、このカードシューの内容を見て攻略するケースはまれです。

向かって左側(ディーラーの右手)にあるのは、使用済カードです。
こちらは、ゲームが長期になるとどんどんたまっていきます。

また、ゲームによっては中央にチップのストックが置いてあることもあります。

補足として、こちら側にあるサークルも解説してきましょう。
基本的に、このサークルの中央にカードを置きます。

そのカードの内容を見てスタンドするか、ヒット(3枚目を引く)するか判断します。

チップはサークルの下端に置きますが、オンラインカジノだと自動で置いてくれることがほとんどです。
このように、そこまで深い意味はありません。

テーブルに面食らわないために

テーブルに面食らわないために

ブラックジャックは基本のルールを押さえていれば、オンラインカジノのライブカジノであっても臆することはありません。
しかし、実際にプレイするとどうしても二の足を踏むこともあります。

そういったことを回避するには、オンラインカジノの無料ゲームで練習するのがおすすめです。
一部のオンラインカジノでは、ブラックジャックなどのゲームを入金なしで無料体験できるように開放しています。

そういったものを利用してベットする練習をすれば、本番でも動揺することはないでしょう。

ギャンブル依存症の原因と予防法

オンラインカジノは、いつでもどこでも手軽に楽しめてしまうので、日本でもプレイヤーが増えてきているオンラインゲームです。

しかし、ゲームとは言えギャンブルの部類に入るので、ギャンブル依存症などの社会的問題も抱えていることも事実です。

この記事では、オンラインカジノでギャンブル依存症になってしまう原因や、ギャンブル依存症にならないための対策などについて詳しく解説していきます。

オンラインカジノで遊ぼうかと考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

オンラインカジノとギャンブル依存症

オンラインカジノとギャンブル依存症
オンラインカジノは、自宅や好きな場所でプレイできる上にクレジットカードでどんどん課金できてしまうので、ついついハマってしまう方も多いと思います。

自分でしっかりコントロールできればよいのですが、コントロールできずにギャンブル依存症になってしまう方も少なからず存在するのが現実です。

ただ、ギャンブル依存症などの社会的問題はオンラインカジノに限ったことではなく、競馬や競艇などの公営ギャンブルでも同じことです。

オンラインカジノでギャンブル依存症になってしまう原因は以下が多いと言われています。

・クレジットカードや電子マネー決済で手元に現金がなくてもプレイできる
・勝つ時と負ける時の差が激しい

◆クレジットカードや電子マネー決済で手元に現金がなくてもプレイできる

オンラインカジノの入金方法で一番多いのはクレジットカード決済です。

クレジットカードは、手元の現金が減っていく感覚が鈍くなるので、ついつい予定以上の金額を使ってしまうことは誰にでも経験があると思います。

しかも負けを取り戻すために課金を続けた場合、後払いができるクレジットカードで予想を超える金額を使ってしまいがちです。

自分では払いきれない額を、分かっていても使い続けてしまう行動が現れるとギャンブル依存症の可能性があります。

◆勝つ時と負ける時の差が激しい

オンラインカジノは、運も影響するゲームなので負けが続くこともあります。

しかし、ジャックポットなど大当たりもあるゲームもあるので、大勝ちをした時の喜びはとんでもなく大きなものになります。

しかも攻略法などを駆使して勝つ方法もあるので、楽しみ方は未知数のゲームです。

ただ、攻略法を使うにはそれなりの金額が必要になります。

勝った時の喜びが忘れられずに遊び続けてしまうと、依存症気味なので要注意です。

ギャンブル依存症になってしまった場合は、自分で何とか解決するのは難しくなります。

専門的に治療をしてくれる機関へ相談し、治療することをおすすめします。
オンラインカジノとギャンブル依存症

ギャンブル依存症を防ぐコツ

ついついハマりがちなオンラインカジノですが、自分なりにルールなどを決めて遊べばギャンブル依存症を防ぐことが可能です。

オンラインカジノをギャンブル依存症にならずに楽しむためには、以下に気を付けてプレイすることが大切です。

・あらかじめゲーム時間を決めておく
・オンラインカジノをストレス発散の手段にしない

◆あらかじめゲーム時間を決めておく

オンラインカジノのサイト内には、ポーカーやスロット、ルーレットなど無限に楽しめるゲームがたくさんあります。

ギャンブルとは言えゲームなので、勝ち負け関係なく楽しくて長時間プレイしてしまう方も多いでしょう。

自分で楽しむだけなら良いですが、ハマり過ぎてしまうと場合によっては健康状態や仕事などにも影響がないとは言い切れなくなってしまいます。

そうならないためには、ゲームを始める前に自分で時間を決めておくと良いです。

時間を決めておけば、長時間プレイを防げる他に大金をつぎ込んでしまうことを防ぐこともできます。

◆オンラインカジノだけをストレス発散の手段にしない

オンラインカジノでギャンブル依存症になってしまう原因には、オンラインカジノだけが原因ではなく、他にもいくつかの要素が絡み合っています。

ストレスやアルコールも依存症の要因となります。

ストレスや不安を和らげる手段として、オンラインカジノだけを選ばず他にも趣味や代行するものを見つけることが大切です。

代行するものとしては、スポーツなど体を動かすものがおすすめです。

もちろん趣味として楽しむ程度でオンラインカジノをプレイし、自分をコントロールできればそれが一番です。

ギャンブル依存症を防ぐ機能

ギャンブル依存症は、オンラインカジノに限ったことではありませんが、オンラインカジノプレイヤーに少なからずいることは事実です。

社会的問題となっているギャンブル依存症を予防するために、オンラインカジサイト側もしっかりと対策をしています。

信頼性の高いオンラインサイトでは、ログインの制限やタイマー機能を付けているところもあります。

他にも、入金制限や損失制限などお金を使い過ぎないように、一定の金額を設定できるサイトも増えています。

もちろん機能を使うのは自分で決めることができます。

ギャンブル依存症の心配がある方は、お金を使い過ぎない設定ができる機能を使ってみるのも一つの手です。

まとめ

まとめ
この記事では、オンラインカジノの社会的問題としてギャンブル依存症について解説してきました。

オンラインカジノは、クレジットカードで簡単に入金できる他、勝ち負けのリターンが大きいので、ついついハマりがちになっていしまいます。

お金を使い過ぎてギャンブル依存症にならないためには、時間を決めるなど自分でルールを決めて遊ぶことが大切です。

また、オンラインカジノにはギャンブル依存症を予防する良い機能もあるので、心配な方はそれを利用することをおすすめします。

カジノシークレットの登録退会手順

日本でも人気のオンラインカジノの1つであるカジノシークレットですが、海外に比べると利用者はまだ少ないです。
オンラインカジノを利用していない人の中には、オンラインカジノに興味はあるものの、始め方がわからない、退会できるかどうかがわからないので不安という人もいることでしょう。

これは、日本がカジノに慣れ親しんでいない国であることも関係しています。
そこで今回は、カジノシークレットの利用方法や退会方法について紹介していきます。

オンラインカジノを始めよう

オンラインカジノを始めよう
オンラインカジノで遊ぶためには、サイトなどに登録し、遊ぶためのお金を入金しなければいけません。
それはカジノシークレットでも変わりありません。

始めるための流れは非常に簡単で、3ステップでカジノシークレットでのゲームを楽しむことができます。
そのステップは以下のようになります。
STEP1:カジノシークレットに登録する
STEP2:遊ぶためのお金を入金する
STEP3:パソコンやスマホから好きなゲームを楽しむ

そのため特別な書類などの準備物はほとんどなく、ネット環境とパソコンやスマホなどのネットにつなぐことができるデバイスさえあれば始めることができるのです。

スマホから登録してみよう

スマホから登録してみよう
前述したようにカジノシークレットで遊ぶためには、まず最初にカジノシークレットにアカウントを登録しなければいけません。
カジノシークレットのアカウント登録は、パソコンとスマホから行うことができます。

そこでここからは、カジノシークレットのそれぞれの方法での登録手順を紹介していきます。

まずはスマホの場合です

①カジノシークレットの公式ホームページを開きます。

②画面上部にある「ここから登録」をクリックします。

③新規登録ページが開くのでメールアドレス、パスワード、電話番号を入力します。

パスワードは8文字以上20文字未満で、1つ以上数字を含めたものを入力する必要があります。

また電話番号は最初の0を抜いた形で半角で入力します。
そのため09012345678だったとしたら、9012345678と入力することになります。

これらの情報が入力できたら「次へ進む」をクリックします。

④別の入力画面が開くので、名前、苗字、国、通貨、郵便番号、都道府県、市区町村、それ以降の住所、生年月日、性別を入力します。
それらの入力が完了したら、入力欄の下にある「利用規約に同意します」にチェックを入れてください。
また、カジノシークレットからのキャンペーンメールを受け取りたい場合は、「フリーベットやキャンペーンに関する情報の受け取りを希望します」にもチェックを入れてください。

それらの入力が完了したら「アカウントを登録」をクリックします。

⑤ホームページ上でアカウント登録の手続きが完了すると、記載したメールアドレスにアカウントの有効化メールが届きます。
そのメールにはリンクが記載されているので、それを開くけばアカウント登録が完了します。
ホームページ上で手続きが完了していても、有効化メールを開かないとアカウント登録は完了しないので注意しましょう。

続いてはパソコンからの場合です

パソコンから登録する場合は、カジノシークレットの公式ホームページを開き、画面上部にある「ここから登録」もしくはバナーにある「今すぐ登録!」をクリックします。
すると新規登録ページが開くので、あとはスマホの時と同様に必要な情報を入力し、アカウント有効化メールのリンクをクリックすれば登録はすべて完了します。
入力する情報にはどちらの方法でも違いはないので、自分の使いやすい方法でアカウント登録を行ってください。

退会することができるの?

退会することができるの

カジノシークレットに登録したいけれども、自分に合わなかったときに退会できるのかが不安という人もいることでしょう。
カジノシークレットを利用した人の中には、登録して何回かは遊んだものの、自分に合わなかったのでアカウントを放置しているという人もいるかもしれません。

実はカジノシークレットは長期間アカウントを放置してしまうと、管理手数料が毎月アカウントから差し引かれてしまいます。
そのため利用していなくても入金したお金が減ってしまうことがあります。

実際に利用規約にも「アカウントで、少なくとも12か月間活動がなかった場合、そのアカウントは「休眠アカウント」とみなされ、最大5ユーロの手数料が毎月アカウントから引き落とされます。」と記載されています。

そこでここからはカジノシークレットでの2つの退会方法を紹介していきます。

①プロフィール画面からアカウントを停止する

カジノシークレットでは正式には退会ではなく、アカウントの停止や凍結といった方法をとっています。
そのための方法の1つ目は、公式サイトにログインして自分でアカウントの利用停止を行うものです。
公式サイトにログインして、「責任あるギャンブル」→「ご自身の判断による利用停止」の順にクリックします。

すると利用停止する機関を選ぶことができるので、その中から「無限」をクリックします。
その時点で、無期限のアカウントの利用停止状態にすることができます。

②サポートセンターにアカウントを停止したい旨を伝える

2つ目の方法はチャットやメールでサポートセンターに連絡し、アカウントを停止したい旨を伝えるというものです。
その際には、アカウントの停止を行う理由も伝える必要があります。
これらを伝えればアカウント停止の措置を取ってくれるため、自分で手続きを進める必要はありません。

まとめ

オンラインカジノは日本でも広まりつつありますが、まだ利用したことがないという人も多いです。
まだ一般的なものであるとは言えないので、登録方法や退会方法などがわからないという人も多いです。
ですが、カジノシークレットのアカウント登録や退会は簡単な手順で行うことができます。

そのため、難しい準備などは必要なく始めたり辞めたりすることができます。
そんなカジノシークレットで、ぜひオンラインカジノの世界を楽しんでみてください。

シンプルカジノの特徴と魅力

ヒーローゲーミング社運営で安心できる

ヒーローゲーミング社運営で安心できる
シンプルカジノは、RPGの要素を融合させたカジ旅の運営会社ヒーローゲーミング社が2019年9月にリリースした新オンラインカジノです。
ヒーローゲーミング社は、カジ旅の他にもカジ旅のオリジナルであるカジノヒーローズやスピーディーカジノなど複数のオンラインカジノの運営を行っています。

こうしたヒーローゲーミング社が出がけているオンラインカジノは、これまで一度も大きなトラブルを起こしたことはありませんし、取得しているライセンスも業界一信頼性の高いマルタライセンスをはじめ、名の知れた政府発行のライセンスなので、いつでも安全に利用することができます。
シンプルカジノも、ヒーローゲーミング社が出がけているその他のオンラインカジノと変わらず業界内では有名なキュラソーライセンスを取得し運営しています。

そのため、シンプルカジノはリリースされたばかりのオンラインカジノながらも安全性についての心配なくプレイすることができます。
そして、シンプルカジノはその名前が示しているとおりシンプルにカジノゲームを楽しめるように作られています。

サイト自体もその他のオンラインカジノと比べるとかなりシンプルで、メニューに至っては、ゲームへのアクセスとカスタマーサポートしか用意されていません。
こうしたシンプルな作りにより、遠回りすることなく目的のカジノゲームを楽しめるというところがシンプルカジノの狙いであり、なによりもの特徴となっています。

勝敗に関係なく受け取れるリベートボーナス

勝敗に関係なく受け取れるリベートボーナス
シンプルカジノでは運営開始から約1ヶ月ほどウェルカムボーナスの付与を行っていましたが、その後すぐにリベートボーナスへと切り替えられました。
プレイヤーから高い評価を得ていたウェルカムボーナスをやめた理由は、リベートボーナスの方がプレイヤーにとって魅力的であると判断されたからです。

リベートボーナスは、毎週金曜日の00時00分から翌週木曜日の23時59分までの間のベット額の合計の0.5%がキャッシュバックされるというもので、キャッシュバックは毎週金曜日の20:00にアカウントに付与されます。
キャッシュバックは最大1000ドルで、ベット額の合計はゲームの勝敗には関係ないので、大きなベット額でのプレイを目的としている方は資金を減らすことなく、逆にリベートボーナスだけで資金を増やしていくことが可能となります。

このリベートボーナスを受け取るには、ウェルカムボーナスのように申請を必要としません。
15ドル以上の初回入金と2ドル以上のベットで自動的にリベートボーナスの付与対象となります。

そして、オンラインカジノのボーナスはどんな種類のものでも受け取ると出金制限がかけられます。
ウェルカムボーナスの場合はボーナス額の20倍から30倍のベットをしなければボーナス分を出金することができません。

こうした出金制限にわずらわしさを感じ受取を拒否するプレイヤーも少なくはありません。
シンプルカジノのリベートボーナスの出金条件はボーナス額の1倍のベットとなっているので、ウェルカムボーナスと比べると苦労することなく楽にボーナス分を現金化することが可能です。
このような出金しやすさもまたリベートボーナスの特徴であり、シンプルカジノの魅力の一つとなっています。

一流プロバイダーのゲームをプレイできる

一流プロバイダーのゲームをプレイできる
新オンラインカジノは業界内においての実績が少ないため、そう簡単に一流プロバイダーとライセンス契約を結ぶことができません。
そのため、大手のオンラインカジノと比べるとゲームのクオリティに大きな差が出てしまうのですが、シンプルカジノは多くの一流プロバイダーとライセンス契約を結んでいるので、大手と変わらない高いゲームクオリティを持っています。

ネットエント、プレインゴー、プッシュゲーミング、ユグドラシル、エボリューションゲーミングといったオンラインカジノをプレイしたことがある方ならば、1度は必ず見聞きしたことのある業界最大手のプロバイダーのゲームが数多く揃えられています。

新オンラインカジノながらもこうした多くの一流プロバイダーとライセンス契約を結べているのは、やはりヒーローゲーミング社がそれだけ信頼できる運営会社だからです。
そして、シンプルカジノのスロットマシーンの中にはカジ旅同様に、ネットエントと共同開発したBlitzモードを搭載したものがあります。
Blitzノードというのは通常の演出を飛ばし6倍速でスロットマシーンを回せる機能のことで、時間を節約し効率よくスロットマシーンで遊ぶことができます。

また、シンプルカジノはブラウザ上でプレイできるブラウザゲームを取り入れているので、わざわざ自分の端末にゲームのソフトウェアをインストールする必要はありませんし、端末の性能がゲームプレイに影響を及ぼすこともありません。
ブラウザゲームを取り入れていることによって、スマートフォン、タブレットからのプレイも可能となっているので、外出先でのプレイや隙間時間でのプレイも可能となっています。

Paytraが使えるオンラインカジノ3選

今回は、オンラインカジノへの入金手段として、2019年に新しく登場した電子決済サービス、「Paytra(ペイトラ)」について解説していきます。

皆さんは、日本円からドルに換算し、オンラインカジノへ入金できる、2019年に新しく登場した「Paytra(ペイトラ)」という新たな電子決済サービスのことをご存知でしょうか。
まだサービス開始して間もなく、ペイトラに対応しているオンラインカジノの数も少ないのですが、ペイトラならではの特徴と、現在対応しているオンラインカジノサイトを紹介していきます。

Paytraってどんな新サービス?

Paytraってどんな新サービス?
まず初めに、ペイトラが対応しているオンラインカジノサイトを紹介する前に、具体的なサービス内容について簡単に説明していきます。
CMや広告で目にする、似たような電子決済サービスに、「PayPal」「Paypal」などがありますが、これらとは、全く異なるサービスです。

オンラインカジノを選ぶ際、そのサイトが日本語サポートに対応しているかどうかは、1つの重要な基準になると思いますが、たとえ日本語対応していたとしても、そのサイトの運営元自体は「海外」なため、基本通貨は「円」ではなく、ドルやユーロなどの「海外通貨」になります。
そのため、オンラインカジノへ直接日本円で入金することは難しくなるのですが、そんな時に役に立つのが「ペイトラ」です。

ペイトラは、あなたが持っている銀行口座を通じて、「日本円」で入金することが可能です。
自動的に、円からドル等の海外通貨に変換して入金してくれるため、オンラインカジノへの出入金がストレスなく行える、ということが、ペイトラの特徴の1つです。
もちろん、オンラインカジノへの入金だけでなく、ペイトラへの出金、勝利金の引き落としにも使える便利な電子決済サービスなのです。

Paytraは手数料が無料?

ペイトラの公式HPを見ていただければ一目瞭然ですが、ペイトラはアカウントを作ることはもちろん、為替手数料や送金手数料、出・入金手数料、退会手数料などの各種手数料が一切かかりません。
他の電子決済サービスでは、もちろん一部手数料が無料のものありますが、ペイトラは基本的にすべての手数料が無料となるので、手数料を節約したい、余計なお金は払いたくないという、節約家の方には、文句なしの決済サービスと言えるでしょう。

ちなみに、休眠口座維持手数料もペイトラは無料です。
オンラインカジノで遊ぶために使うお金以外に、手数料等で余分にお金を払いたくないという方にとって、金銭的にも、気持ち的にも非常にありがたいことです。

Paytraの安全性は大丈夫?

Paytraの安全性は大丈夫?
手数料が全て無料と、我々サービスを受ける側にはメリットばかりですが、「安いから質がよくない」という心配、例えば、セキュリティなどの安全性に不安はないのでしょうか。
しかしその点も、今のところ安心してよさそうです。

冒頭でもご説明した通り、ペイトラは2019年に始まった新しい電子決済サービスです。
インターネット上で口コミを検索してみても、口コミの件数自体が少ないという課題もありますが、大きなトラブル・損失が出たと言う口コミはほとんど書かれていません。

今の世の中、何か不都合やトラブルがあるとすぐにネットでたたかれる、という風潮があるので、その悪い書き込みがないということを考えると、少しは安心してもよいのではないでしょう。
また今後、対応するオンラインカジノが増えていけば、口コミの件数自体も必然的に増えてくると思うので、その時にもう一度調べてみようと思います。

ちなみにペイトラは、クレジットカードを使った入金ができません。
銀行口座からの振り込みにしか対応していないので、注意が必要です。
ただ、ほとんどの人が銀行口座は自分自身のものを持っている一方、クレジットカードは様々な理由で持っていない方も少なからずいると思います。

今は、多くの銀行でネットバンキングサービスが利用できるため、そこまでのマイナスではないかと思います。
ただ、今後クレジットカードにも対応できるようになると、利用者が増えることは間違いなさそうです。
またペイトラアプリはなく、スマートフォンやパソコンからの利用のみとなっています。

Paytraが使えるオンラインカジノは3つ!

・ジパングカジノ
Paytraが使えるオンラインカジノは3つ!
オンラインカジノ経験者の多くが知っているであろう「ジパングカジノ」ではペイトラを使うことができますジパングカジノは、24時間365日年中無休で、電話やメール、チャットなど、全て日本語での対応を行っているため、安心して遊ぶことができるオンラインサイトの1つです。

ペイトラでの最低入金額は、ジパングカジノの場合「20ドル」からです。
注意事項としては、ペイトラのアカウント名と、ジパングカジノのアカウント名が同じでなければ、サービズを利用できないため、登録する際には気を付けてください。
ちなみに入金手続きをする際は、反映するまでに約15分程度で完了します。

・777 babyカジノ
次に、ペイトラが使えるオンラインカジノは、7767 babyカジノ(ラッキーベイビーカジノ)で、ジパングカジノの姉妹店です。
こちらももちろん手数料は無料で、先ほどと同様、最低20ドルから」入金可能で、入金が反映するまでの時間も同じく15分ほどです。

・カジノジャンボリー
3つ目はカジノジャンボリーです。
同じくジパンググループのサイトです。
当然のように、こちらも15分程度で着金されるサイトですので、1秒でも早く勝利金を手にしたいという人にはお勧めのサイトになっています。

まだまだペイトラが使えるオンラインカジノは限定されていますが、手数料が無料という唯一無二の最大のメリットがあるため、今後利用できるサイトも少しずつ増えていくのではないでしょうか。
もし今、あなたが遊んでいるオンラインカジノが、上記の3つに当てはまれば、ペイトラへの変更を検討してみてはいかがでしょうか。

オンラインカジノは詐欺やインチキのない安全なギャンブル

運営にはライセンスが必要

運営にはライセンスが必要

オンラインカジノは、遊びやすさ、勝ちやすさに優れているだけではなく、ゲーム数が多く、一攫千金も狙えるギャンブルであることから、若い世代を中心に高い人気を見せています。
ですが、オンラインカジノは顔の見えない対プログラムのオンラインギャンブルであるため、不正やインチキを心配する声も少なくはありません。
プログラムを利用したギャンブルは、その他のギャンブルと違い不正やインチキが行われてもプレイヤーは気付くことができません。

また、プログラムに不正を施すのはそれほど難しいことではないので、オンラインカジノはインチキがあるのではないかとつい疑ってしまうのも仕方がないでしょう。
それでは実際のところオンラインカジノに不正やインチキはあるのかというと、それはありません。

オンラインカジノは数多く存在するギャンブルの中でも安全性の高いギャンブルで、その安全性の高さが人気の支えとなっています。
オンラインカジノの運営には世界各国政府が発行するライセンスが必要となります。
ライセンスを取得するには、世界各国政府による厳しい審査をクリアしなければなりません。
会社の資金力の他にも、これまでの会社の実績や、使用するソフトウェアの安全性まで事細かにチェックされ、その全てのチェック項目をクリアしなければライセンスを取得することができません。

そして、ライセンスを取得後はライセンス発行国の監視下で運営することになるので、ライセンスを取得したからといって運営の手を緩めることはできません。
もちろんですが、ライセンス取得後に不正やインチキを行っていることが発覚した場合は即座にライセンスを剥奪され、運営できない状態にされてしまうため、オンラインカジノは常時高い安全性を維持していなければなりません。

オンラインカジノはこのようになによりも安全性を重視して運営を行っているので、不正やインチキなどが行われることは絶対にありません。

第三者監査機関による監査の実施

第三者監査機関による監査の実施

オンラインカジノではその安全性が確かなものであることを外部に証明するために、定期的に第三者監査機関の監査を受けています。
第三者監査機関の監査では、運営会社の運営状況をはじめ、ゲームの公平性、ペイアウト率などについてチェックされます。

そして、監査でチェックされた内容については、後日オンラインカジノのサイトにて公開されるので、プレイヤーもその安全性に関して実際に目で見て確認することができます。

また、オンラインカジノ業界にはいくつもの監査機関が存在しますが、その中でもeCOGRAという監査機関は監査がとても厳しく、過去にすべての監査を一発でクリアしたオンラインカジノはないと言われています。

監査機関の中でもeCOGRAは、オンラインカジノに特化している監査機関であるため、オンラインカジノならではの問題点を徹底的にチェックし、オンラインカジノ自体の安全性を高めることにも一役買っています。

どこの監査機関の監査を受けているかについては、オンラインカジノサイト下部、または会社概要にて知ることができますので、より安全で信頼できるオンラインカジノを探したいのならば、eCOGRAから認定を受けているオンラインカジノを選ぶと良いでしょう。

ソフトウェアは外部の会社が手がけている

ソフトウェアは外部の会社が手がけている

不正、インチキを防ぎ、安全性を高める対策として、オンラインカジノではゲームを外部のソフトウェア会社からレンタルしています。
外部の会社が手がけたソフトウェアを使用することにより、運営会社がゲームに対して一切手を出せなくなります。
こうした状況を作り上げることで、オンラインカジノはその安全性をプレイヤーにアピールしています。

ソフトウェア会社も運営会社と同じく、オンラインカジノへのソフトウェアの提供に伴い世界各国政府による審査を受けることになります。
ソフトウェア会社も会社としての運営実績や資金力等をチェックされますが、もっとも厳しいチェックが入るのはやはりそのソフトウェアです。
現在のオンラインカジノ業界では、ソフトウェアの勝率に偏りがないことを確認するためにRandom Number Generatorというランダムに出目やカードが決まるシステムを採用しています。

このRandom Number Generatorで問題ないと判断されれば、基本的にそのソフトウェアの公平性は信頼できるものであるということになりますが、さらにゲームの安全性と公平性をチェックするため、ソフトウェア会社も第三者監査機関による監査を受けています。

ソフトウェアに対しての監査機関として有名なのはTSTという機関で、その徹底した監査はオンラインカジノ業界だけではなく、ランドカジノ業界でも有名で、世界中の多くのカジノがその安全性を示すためにTSTに監査を依頼しています。

こうしてソフトウェアを外部の会社からレンタルしていることも、オンラインカジノが不正やインチキのない安全なギャンブルであることの証となっています。

チェリーカジノは運営実績とボーナスが抜きんでている

50年以上の実績を持つオンラインカジノ

50年以上の実績を持つオンラインカジノ

チェリーカジノは今から約20年前の2000年にPlayCherry Ltd.により設立されたオンラインカジノです。
親会社のCherry ABは1963年からランドカジノの運営を行っていて、カジノ業界においては知らない人はいない有名カジノグループとして知られています。

Cherry ABはスウェーデンのストックホルムに拠点を置いていて、スウェーデンのカジノ事業の半数以上を取り仕切っています。
スウェーデンではテレビCMでもよく見かける名ですし、ストックホルムの株式市場にも上場しているので、企業としての信頼も非常に高いものとなっています。

カジノ業界は多くのギャンブルの中でも競争が激しく、長く運営して行くには早い段階から利用者に信用されるカジノとして成り立っていなければなりません。

Cherry ABは50年以上も運営を続けているカジノグループですので、運営を始めた当初から現在まで常に信頼を裏切ることのないサービスを続けているということになります。

チェリーカジノは、そうしたカジノ業界において大手のCherry ABから生まれたオンラインカジノですので、カジノとしてのエンターテイメント性だけではなく、不安なく安心して楽しめる安全性にも優れています。
チェリーカジノほど安心して利用できるオンラインカジノはそうありませんので、オンラインカジノプレイヤーにとってチェリーカジノは実力のある信頼できるオンラインカジノとしてその名を広めています。

また、インターナショナルゲーミングアワードにおいて、2014年から3年連続してベストオンラインゲーミングオペレーター賞を受賞しています。

この賞は、オンラインゲームの世界においてもっとも権威のある賞ですので、チェリーカジノが優れたオンラインカジノであることの証明となっています。

信頼できるマルタ共和国のライセンスを取得

信頼できるマルタ共和国のライセンスを取得

チェリーカジノは運営を行うにあたりマルタ共和国のライセンスを取得しています。

オンラインカジノの運営はカジノ合法国からライセンスを取得することから始まりますが、カジノ合法国によりライセンスの取得審査に差があるため、ただ単純にライセンスを持っていれば合法ギャンブルだから安心できると考えてはいけません。

カジノギャンブルに対しての規制が緩いカジノ合法国の場合、決められた資金を支払えばライセンスを取得することができます。
そうしたお金で合法ギャンブルとしての許可を得ているオンラインカジノですと、カジノ合法国の後ろ盾があるとは言え、安全性に対して安心することはできないでしょう。

チェリーカジノはこのライセンスの点に関しても優れていて、取得しているのはオンラインカジノ業界で最も信頼性の高いマルタ共和国のライセンスです。

マルタ共和国が発行するライセンスは資金力、運営能力、安全性すべてにおいてパーフェクトでなければ取得することができません。
因みに、オンラインカジノ業界では運営会社を置く国以外のカジノ合法国からもライセンスを取得することが可能なため、多くの大手オンラインカジノがプレイヤーに高い安全性を示すためにマルタ共和国のライセンスを取得しています。

しかし、そうした大手の中でも過去にマルタ共和国のライセンス取得に失敗しているオンラインカジノも少なくはありません。

そして、一旦マルタ共和国のライセンスを取得できたとしても、その後も引き続きマルタ共和国政府によって、オンラインカジノの安全性と公平性を常時チェックされることになるので、マルタ共和国のライセンスを取得しているオンラインカジノはいつでも安心して利用することができます。

豪華なボーナスプロモーション

豪華なボーナスプロモーション

オンラインカジノでは、他のギャンブルではありえないボーナスというプロモーションを実施しています。

ボーナスとは、軍資金と同じようにゲームにベットすることができるチップを受け取れるプロモーションのことで、そのボーナスの代名詞となっているのが入金時に受け取れる入金ボーナスです。

初回入金ボーナスと呼ばれる初回時の入金に対しては、入金額の100%、つまり入金した額と同じ分のチップを受け取ることができるケースが多くあります。
上限は各オンラインカジノにより違いますが、少なくても最大300ドルほどのボーナスを受け取ることができます。

チェリーカジノの入金ボーナスは他のオンラインカジノよりも豪華となっていて、初回入金時だけではなく、2回目の入金時もボーナスを受け取ることができます。

しかもそのボーナスは初回、2回目共に入金額の100%を最大500ドルまで受け取れるというものなので、2回の入金でもらえる最大トータルボーナスは1000ドルとなります。
これだけ豪華な入金ボーナスを実施しているオンラインカジノはそうありませんので、ボーナスを重視したい方にもチェリーカジノはおすすめです。

そして、チェリーカジノではアカウントを登録してから30日以内に入金を3回行うと、4週間にわたり前週の損失分の10%をキャッシュバックしてもらえるプロモーションも実施しています。

このキャッシュバックボーナスがあることによって、たとえ資金のすべてを費やしてしまったとしてもその一部がキャッシュバックされるので、資金全てを失ってしまうというリスクを回避することができます。

様々な危険性を事前に把握する

オンラインカジノとインカジを混同しない

オンラインカジノとインカジを混同しない

オンラインカジノは違法ギャンブル。
そういったイメージを持っている方が多いと思いますが、オンラインカジノは違法ギャンブルではありません。
オンラインカジノ=違法ギャンブルといったイメージはインカジの影響によるものです。

日本国内で公営ギャンブル以外のギャンブルが行われた場合、賭博罪という法律により罪を科せられます。
この賭博罪の一番の目的は違法ギャンブルの開催者である胴元を取り締まることにあるので、違法ギャンブルの場に胴元とお金を賭ける利用者が同時に同じ所に存在していることが効力発揮の条件となります。

オンラインカジノの胴元は海外に拠点を置く会社です。
オンラインカジノの核となるサーバーに関しても運営会社のある海外の国に置かれています。
日本からオンラインカジノを利用した場合、胴元は海外に、利用者は日本に、それぞれ別の場所にいることになるので、賭博罪の胴元とお金を賭ける利用者が同時に同じところに存在する、という賭博罪の条件には当てはまりません。

そして、オンラインカジノは海外ではれっきとした合法ギャンブルであるため、利用者を不正なギャンブルを利用したとして裁くこともできません。
オンラインカジノはこうした賭博罪の条件にあたる部分がないことから違法ギャンブルとして罪に処されることはありません。

オンカジを隠れ蓑にするインカジ

オンカジを隠れ蓑にするインカジ

続いてインカジですが、インカジはオンラインカジノをインストールしたパソコンを客にプレイさせ利益を得ています。
プレイするにはまず店側からチップを購入します。
オンラインカジノは海外のギャンブルであるため、入出金が非常に面倒となります。
インカジはそうしたオンラインカジノのわずらわしい点を省こうと、事前にインカジ側が入金しているので、客はチップの購入が終わるとすぐにゲームをプレイすることができます。

このような手早くオンラインカジノを始められるという点に関しては確かに優れていますが、インカジの利用は賭博罪の条件を満たすため違法行為となります。
インカジがギャンブルに利用するのは合法オンラインカジノなので、違法にはあたらないように思われますが、インカジでのオンラインカジノ利用は、インカジ側と現金の受け渡しが行われるので胴元はインカジとなります。
インカジはこうした違法性を伏せ、オンラインカジノのメリットだけを説明します。
オンラインカジノはギャンブルとしての魅力に優れているので、ついその魅力に惹かれインカジでプレイしてしまう方が後を絶ちません。

オンラインカジノとインカジは違法性の有り無しという大きな違いがありますので、この違いをしっかりと頭に入れ、インカジでのオンラインカジノの利用はしないように注意しましょう。

ギャンブル依存症になりやすい

ギャンブル依存症になりやすい

現代において大きな問題の一つとなっているのがギャンブル依存症です。
ギャンブル依存症は立派な病気として認められ、治すには依存症治療専門の病院で治療を受けなければなりません。

人は興奮したり、熱中したりすると脳内にドーパミンという物質が分泌され、脳の報酬系を司る箇所が活性化されます。
ギャンブルの場合はドーパミンを分泌させる刺激が強いので、自分ではこれ以上ギャンブルをしてはいけないとわかっていも、自分自身を制御することができなくなります。
ギャンブル依存症には特効薬となり得るものがなく、治すには長い時間をかけゆっくりとギャンブルと離れていくしかありません。
しかし、一度依存症になってしまうと、気持ちがいつも落ち着かなくなり、常に不安や焦りに駆られている状態となってしまうので、仕事にも家庭での生活にも大きな影響を及ぼします。

オンラインカジノはこうしたギャンブル依存症になりやすいギャンブルとしても知られています。
オンラインカジノは実際に店舗を持たないオンライン上を賭場とするギャンブルのため、24時間365日いつでも好きな時に利用することができます。
自分の都合でギャンブルができるというのは大変魅力的な部分ですが、際限なくギャンブルを行えるため短期間のうちにギャンブル依存症になってしまう危険が潜んでいます。
また、入金は現金ではなくクレジットカードで行うのが基本となっているので、現金を使う他のギャンブルよりも自分の資金が減っていく感覚が薄くなってしまいます。
そのため、まだ大丈夫とクレジットカードの利用を重ねてしまい借金苦に陥ってしまうケースも少なくはない数報告されています。

他にもオンラインカジノの魅力は多くあり、ギャンブルにおいて重要視されるペイアウト率は、他のギャンブルを大きく引き離す97%という高さですし、ジャックポットという蓄積タイプの賞金はたったのワンプレイで10億円以上を手にするチャンスがあります。
そして、ボーナスと呼ばれる無料チップをもらえるプロモーションを行っているので、ゲームに上手く勝ち続けられれば自己資金に手を付けず大きな利益を得ることが可能です。

このようにオンラインカジノはギャンブルとしての魅力を多く備えたギャンブルであるため、利用する日や時間や金額などを決め、ギャンブル依存症になってしまわないような対策を行うことが大切となります。